労務理論学会誌
労務理論学会誌

労務理論学会編集
『現代日本の働き方を問うー規制緩和下の労働と生活ー』(『労務理論学会誌』第19号)
発行;晃洋書房(郵便番号615-0026 京都市右京区西院北矢掛町7
   電話番号:075-312-0788 FAX番号:075-312-7447
発売日;2010 年 3月10日
販売価格;3000円(税別)。
学会誌の表紙(写真)はここをクリックして下さい。

      ― 目 次 ―
  はしがき

■ 特別シンポジュウム
【特別報告】
 労働再規制の構造とプロセス………………………… 五十嵐仁

【コメント】
1.労働分野の規制緩和は「反転」するか…………… 龍井葉二
2.時代の転換電で役割果たせる労働運動へ………… 井筒百子
3.五十嵐報告へのコメント…………………………… 川添誠

■ 統一論題: 現代日本の働き方を問うー規制緩和下の労働と生活ー
 

1. 規制緩和による雇用と働き方・働かせ方の変容……………………………… 伍賀一道

 

2. 日本の労働時間問題ー長時間労働と労働のサスティナビリティー………………鷲谷徹

 

3.大失業時代における労働組合戦略…………………………………………………木下武男

 

4. 労働法制に関する報告ー担当事例からー……………………………………………笹山尚人

 

5. 雇用不安定化におけるジェンダー格差ー男性・女性それぞれの困難ー …………大槻奈巳

■【コメント】
  1. 統一論題報告へのコメント  ……………………………………………………………長井偉訓
  2. 統一論題報告へのコメント ……………………………………………………………長谷川義和
   
■ 職場レポート
  1. 派遣労働者の直接雇用に係る人事労務管理上の課題について
  ……………………………………………………………………… 森岡三男
  2. 「パワー・ハラスメント」による精神障害の業務上外認定ー労災認定基準の改正を踏まえてー…………………………………………………………………………… 田中建一
3.経済不況下の「助成金行政」の問題点……………………………… 斉藤充弘
 
■ 自由投稿
  1. 過労死・過労自殺の心理的要因と職務状況との関係 ……………………………………岩田一哲
  2. 所定外労働時間削減における労働組合の役割ーA社の事例からー ………………………渡部あさみ
  3. 労働移動とOJT-台湾における調査研究から- ……………………………………………国府俊一郎
  4. 日本企業の成果主義賃金ーその展開の特徴ー ………………………………………………橋村正哉
 

5.アメリカ病院における派遣看護師の意義ー医療政策の歴史的変遷からー ………………早川佐知子
6.若者の早期離職に関する基礎的考察 ………………………………………………………吉村大吾
7.コールセンターにおける非正規雇用の実態と人事労務管理
   ー雇用形態の多様化と非正規雇用への教育訓練を中心にー …………………………島袋隆志

■ 書評
  バーバラ・エーレンライク著、曽田和子訳『ニッケル・アンド・ダイムド』、
堤未果著『ルポ貧困大国アメリカ』……………………………………………内田和秀

■ 労務理論学会賞(研究奨励賞)選考審査報告
■ 『労務理論学会誌』投稿論文の募集について
■ 投稿規定
■ Labor and Management Review
■ 執筆者紹介・編集後記