労務理論学会誌
労務理論学会誌

労務理論学会編集
『経営労務の新しい課題』(『労務理論学会誌』第1号)
発行;晃洋書房(郵便番号615-0026 京都市右京区西院北矢掛町7
   電話番号:075-312-0788 FAX番号:075-312-7447
発売日;2006年3月20日
販売価格;3000円(税別)。
学会誌の表紙(写真)はここをクリックして下さい。


― 目 次 ―

はしがき
特別講演
 アメリカにおけるトヨタ生産方式
  ー人的資源管理と労使関係に関する考察ー
                            ポール・S・アドラー
                              (鈴木 良治訳)
<統一論題 モノづくりの危機と現代職業訓練>

1 アメリカ自動車産業における徒弟制度          平沼  高
2 標準作業と作業集団での学習・作業構想
    −スウェーデンの事例−               田村  豊
3 わが国職業訓練史における労働者の職業能力形成の課題
                             田中 萬年
4 中小企業における労働力活用形態の変化と技能労働問題
                             永山 利和
5 ILO勧告に見るHRDに関する国際共通認識の変化
                             谷口 雄治

【コメント】
1 統一論題報告へのコメント(1)            佐々木 英一
2 統一論題報告へのコメント(2)            鷲谷  徹

<登校論文>

1 韓国における職業訓練
  −「事業内職業訓練分担金制度の制度の変化を中心に」− 金  良泰
2 フレックスタイム制度の廃止をめぐる労使交渉
  −電機メーカーA社の事例−              福本  徹
3 NPO法成立後のワーカーズ・コレクティブ
  −非営利組織を巡る理論的・実践的課題について−    松本 典子


■ 労務理論学会賞(研究奨励賞)選考審査報告
■ 『労務理論学会誌』投稿論文の募集について
■ 投稿規定
■ Labor and Management Review
■ 執筆者紹介・編集後記