労務理論学会誌

労務理論学会誌

労務理論学会編集
『人事・雇用システムの転換と労使関係』(『労務理論学会誌』第13号)
発行;晃洋書房(郵便番号615-0026 京都市右京区西院北矢掛町7
   電話番号:075-312-0788 FAX番号:075-312-7447
発売日;2004年2月20日
販売価格;3000円(税別)。
学会誌の表紙(写真)はここをクリックして下さい。


― 目 次 ―

はしがき
統一論題 人事・雇用システムの転換と労使関係
<統一論題 T(日本)>
1 日本企業における成果主義賃金制度の類型化と労使関係
−企業内「共同体」の変容と労働組合の戦略・対応−   守屋 貴司(奈良産業大学)
2 雇用システムの転換と労使関係        小越 洋之助(國學院大学)
(コメント)
1 統一論題Tへのコメント(1)  渡辺  峻(立命館大学)
2 統一論題Tへのコメント(2)  木下 武男(昭和女子大学)

<統一論題 U(海外)>
1 EU影響下の英国労使関係  中川香代(高知大学)
2 アメリカにおける人事・雇用システムの変化と労使関係 関口 定一(中央大学)
3 スウェーデンにおける人事・雇用システムと労使関係  猿田 正機(中京大学)
(コメント)
1 統一論題Uへのコメント(1)  青山 茂樹(静岡大学)
2 統一論題Uへのコメント(2)  今村 寛治(熊本学園大学)

<自由論題>

1 占領下西ドイツにおける経営評議会の再建と活動  平澤 克彦(日本大学)
2 人的資源管理論における人材計画論の問題点
   −日本の航空産業の事例検討を通じて−   山本 大造(愛知大学)
3 テイラーの熟練概念  篠崎 恒夫(札幌大学)
4 非営利組織マネジメントの基本問題
−組織目的・組織特性とガバナンス・システム構築の課題を巡って−  松本 典子(駒澤大学大学院)
5 地方公務員の選択型福利厚生−導入事例の考察−  桜井 善行(名古屋市立大学大学院)
6 財務分析を通じたアメリカにおける労働者派遣事業の問題点  佐藤 飛鳥(金沢大学大学院)
7 職制の具体像・位置付け変化とその意義
−トヨタにおける1990年代の技能系人事制度改革とその問題点−  島内 高太(中央大学大学院)
8 米国人事管理システムの日本への移入をめぐる諸問題
−目標管理とコンピテンシーの日本的展開を中心に−  永井 隆雄(慶応大学大学院)

■ 学会賞選考審査報告
■ 投稿規定

・アドラーとの対話−アメリカ経営学会CMS出席記−  篠崎 恒夫(札幌大学)