労務理論学会第21回全国大会のプログラムはこちらからどうぞ

労務理論学会第21回全国大会は2011年610日〜12日に都心においても緑に囲まれた、本学会創立大会開催校の中央大学で、20周年記念大会として開催され、盛会のなか大会日程を終えました。その模様について、同大会実行委員長の林正樹会員から報告されました

統一論題; 「若者の雇用と人材育成

説明: Macintosh HD:Users:sinoue1:Desktop:Jalm関連:No31_Jalm_NewsData:ollcott.jpg 本年311日に発生しました。東日本大震災とそれに続く原発事故で亡くなられた方、また甚大な被害を受けられた多くの方々に、心から、お悔やみとお見舞いを申し上げます。

 20089月のリーマン・ショック以来、世界経済が特に先進諸国を中心に金融危機にあえぐ中、これまで世界経済の牽引役であった新興国にも内部矛盾が出始めており、日本は「六重苦」の言葉に象徴的に表れているように,その閉塞感はさらに深い。

このような状況下で、労務理論学会第21回全国大会は、本年61012日(初日は理事会)、中央大学多摩キャンパス(八王子市)において全国から100名を超える多数の学会員の参加を得て開催されました。

説明: Macintosh HD:Users:ecolife:Desktop:No31_Jalm_NewsData:処理済み:05記念講演オルコット氏-a.jpg労務理論学会は19915月に設立されましたので、今年の大会は、学会設立から満20年が経過し、次の満30年に向けて新しい出発点となる記念すべき大会に当たりました。20年前の設立大会は中央大学の神田駿河台記念館で開催されましたので、第21回全国大会を中央大学で開催させて戴いたことは、私ども中央大学の関係者にとって特別に感慨深いものであります。

 今大会の「プログラム」を改めて見直してみますと、George Olcott氏(ケンブリッジ大学)の「記念講演」をはじめ、「統一論題」(「若者の雇用と人材育成」)の報告が5本、「自由論題」報告が11本、「書評セッション」報告が1本、その他に、「プログラム外企画」2本などとなっております。このプログラムは、まさに現下の日本社会が抱える経済・企業経営・雇用問題に真っ正面から取り組んだものだと自負しております。また、3年がかりで学会の総力を挙げて取り組んだ『経営労務事典』(晃洋書房)が刊行されたことが黒田兼一編集委員長より報告されました。このように、第21回大会は、本学会の発展にとって新たな歴史の第一歩となったと言えるでしょう。

 ここに、第21回大会が無事に終了できましたことを、会員一同とともに心からお慶び申し上げたいと思います。今後は、来年の全国大会に向けて、根本のところでつながりながら個性豊かな研究を積み重ね、切磋琢磨してゆきたいと思います。

全国の会員の皆様、第21回大会にご協力をいただきまして、まことにありがとうございました。

 第21回大会の大会様子の写真集はこちらからご覧ください。